聖夜に集う願いの調べ
ゆうしゃのがっこ~!運営チーム




 今回の全校集会までの、ゆうしゃのがっこ~!のあらすじは、
 こちら よりご確認ください!

 

 勇者暦2019年12月も終わりが近づいていた。

 雪降り積もる一面の銀世界で、世間はクリスマスムードに溢れていた。
 そんな中、【メッチェ・スピッティ】『トリミニ』と呼ばれる
 時を司る精霊達から助けを求められる事となった。

 果たして学園生達は、未来の精霊に元気を取り戻すこと
 できるのであろうか……。


《新入生》
マオ・マオ
エリアル Lv 2
勇者・英雄 専攻 Rank 1
たいりょく 90 + 10 きりょく 55 + 5 まりょく 70 + 5
つよさ 14 + 1 がんじょう 14 + 8 きよう 11 + 2
すばやさ 16 + 1 かしこさ 16 + 7 がまん 16 + 10
基本剣術Ⅰ

家族想いで理知的な反面、好奇心に従順すぎる女性。
子供の頃から仕事に明け暮れていて友達がほとんどいない。

母国に残してきた家族と、お世話になった図書館司書のエルフには、18歳の頃の未熟な魔法で作った伝書箱をつなげてあるので時々手紙を送っている。
魔法陣を描いた木箱に手紙を入れると、早ければ3分、遅いと一週間かかって手紙が相手の木箱に転送される。
……だいたい細切れの紙片となって。

「改良が必要だが、まあ読めんこともないしいいだろう」

放浪中は得意なカクテル作りでバーでバイトをしつつ、その町の図書館や資料館を巡るスタイルで知識を得ていた。
見た目は酒場に出入りしている派手めなお姉さんなので、めちゃくちゃ喧嘩に強そうだと思われがちだがその実そうでもない。

「意外か?ひ弱な乙女だ、手荒なことはしないでくれ」

自己流の魔法はあんまりひ弱じゃない。
しつこいナンパやセクハラは積極的に魔法で撃退するし、客の女の子が絡まれていれば必ず助ける。

「すまんな、他人の体に許可なく触れる奴は嫌いなんだ」

学園では興味のある物事に心置きなくのめり込み、今まで自己流でやってきた魔法を極め、同志を得て横の繋がりを深めたいと考えている。



【勇者】
 魔王事変の際に、類い希なる資質を用い戦った9人の人間族の男女のことです。
 その後、魔物などと戦う事を生業とする人々全体を指す言葉となりました。
【魔王事変】
 かつて魔王と名乗る者と、その配下により仕掛けられた侵略戦争の総称です。
【魔法学園:フトゥールム・スクエア】
 キャラクターの皆さんが入学された、通称「ゆうしゃのがっこー!」です。
 学園内では様々な授業が行われており、現実世界で私達が学んでいるような、
 基礎教養的な学問から、戦闘訓練や、魔法の訓練なども行います。
【ラコン・パルション】
「ゆうしゃのがっこ~!」世界の名称となります。
 但し、これはあくまでプレイヤー側が認識するための名称であり、
 ゲーム世界内のキャラクター達が共通認識として、
 所持している知識ではありません。
 キャラクター達が世界の中で地域などを呼称する際は、
 「この世界」であったり、「町の名称」などで呼称を行います。
【クリスマス】
 遙か昔、生物は精霊によって、自身の中にある魔力を用いて奇跡を引き起こす
 力(魔法)を授ったと言われている。これを祝う祝祭全般がクリスマスと
 呼ばれており、基本的には、家族や死対しい知人などと集い合い、
 1年間の感謝と次の1年への想いをはせながら年末を過ごすことが多い。
【トリミニ】
 『時』を司る精霊種の総称。
【アヴェク/オーウェ/デェル】
 それぞれが過去/今(現在)/未来を司るトリミニ。


2019年12月14日 22:00 全校集会プロローグ公開
2019月12月22日 23:59 全校集会参加・プラン受付終了
2020年1月下旬~2月上旬 23:59 全校集会リザルトノベル公開予定